GETAssocの概要 の変更点

Top > GETAssocの概要


ここではGETAssocの全体の構成図と各モジュールの簡単な概要を説明します。

#ref(http://getassoc.cs.nii.ac.jp/img/GETAssoc_abstract.png)

GETAssocは次のモジュールから構成されています。
- getassoc
- xgetassoc
- stp
- stmd

** getassoc
NWAMデータベースにアクセスする機能を持ち、gss3プロトコルを用いてクライアントアプリケーションと通信する機能も持っています。

** xgetassoc
NWAMデータベースを作成、更新、削除する機能を持っています。

** stp
NWAMデータベースを構築するため使用されるプログラムで、itbファイルやデータベース作成オプションを受けとりxgetassocへ情報を渡します。詳細は[[各種コマンド/stp]]をご覧ください。

** stmd

デーモンとして動作するようになっており、getassocやxgetassocから文字列を受けとりstemming(日本語では形態素解析)した結果を返します。

TOP