インストール/Ruby Module の変更点

Top > インストール > Ruby Module


[[インストール/Ruby Module]]

[[インストール]]

Ruby Module のインストール方法を紹介します。


* 環境

NetBSD 5.1 + ruby19 で動作します。

* ruby19のインストール

pkgsrc(2010Q4で検証)を使ってインストールします。
 (cd lang/ruby19 && make && make install)

* ソースの取得と展開

http://www.cs.nii.ac.jp/~getassoc/rnwam-1.1.3.tar.gz
をダウンロードし、
展開します。
rnwamというディレクトリが作られ、
必要ファイルが展開されます。

* 設定ファイルの編集

インストールされているGETAssocにあわせて、
cfを編集します。
まず、3行目のrnwam()を、rnwam_1_1_3()に書き換えます。
GETAssocをpkgsrcでインストールしたのであれば、
--with-nwam-datadir=/var/users/gss3/g
以外の行はそのまま使えます。

*インストールの実行

 $ ./cf
 $ ./cnf
 $ make
 $ make install

* サンプルプログラムの実行

mai2001というハンドルでWAMを作成し、
サンプルプログラムを動かします。

 ./sample.rb

TOP