インストール/Solaris10

Top > インストール > Solaris10

インストール

Solaris10でのインストール方法を紹介します。

下準備

(-m64で) eXpat、ICUをインストールしておきます。prefix は /usr/localとします。

stmdのインストール

ここではデフォルトの形態素解析器にMeCab?を指定しています。

$ tar zxf stmd-x.x.x.tar.gz
$ cd stmd-x.x.x
$ CFLAGS=-m64 LDFLAGS=-m64 configure --with-icu-config=/usr/local/bin/icu-config \
           --with-defaultstemmer=MECAB \
           --enable-mecab=yes \
           --enable-kill3number=yes \
           --with-mecab-config=/usr/local/bin/mecab-config
$ make
# make install

stmdが動作するかどうかの確認

$ cd t
$ ./chk tst2.xml
# <vector>[["コーディング",2],["タイプライター",1],... と出力されればOK

/etc/services に以下を追加

stmd            1234/tcp                        # stmd

/etc/inetd.conf に以下を追加

stmd    stream  tcp     nowait  nobody /usr/local/bin/in.stmd in.stmd

変更を反映

# inetconv -i /etc/inet/inetd.conf

inetd版は、次の手動で起動したデーモンがダウンしたときのバックアップになります。

stmdのデーモンを起動

$ /usr/local/bin/stmd -d -u /tmp/stmd.sock

このとき過去にstmdを起動したことがあるとき、/tmp/stmd.sockが残っていますので、起動する前に削除してください。

getassocのインストール

GETAROOTを/data/lib/getaとしています。

$ tar zxf getassoc-x.x.x.tar.gz
$ cd getassoc-x.x.x
$ CFLAGS=-m64 LDFLAGS=-m64 ./configure --with-icu-config=/usr/local/bin/icu-config \
           --prefix=/data/lib/geta \
           --enable-allowerror=yes \
           --enable-xpthread=yes \        # Solaris は巨大メモリを掴んでの fork が苦手なので、pthreadを使うよう指示
           --enable-lp64=yes  # -m64 の場合
$ make
# make install

/etc/apache/httpd.conf に以下を追加

ScriptAlias /getassoc/ /data/lib/geta/wbin/getassoc/
  • メモ
    共有ライブラリ版の作成は面倒。

最終更新日: 2014-12-09 (火) 18:25:46 (983d)

このページをブックマーク:

このページのURL(コピペして利用下さい):

TOP